カードコマンダーskype広報

ccskype.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 13日

5/12 第6回非公式CCスレ&CCスカイプタッグマッチ杯

・方式 総当り
 1ラウンド2本先取 4ラウンド制
 ABチーム-CDチームならば A-C A-D B-C B-Dの対戦を行う
 勝ち点について 4:0→5点 3:1→4点 2:2→2点 1:3→0点 0:4→0点
・デッキ 途中変更無し
 最低1種の同じカードを2人とも3積みする
-----------------------------------------------------------------------
まず結果から。

c0246180_3212629.jpg


くびナギチームの一人勝ちといったところ
3-1、3-1、4-0と3チーム連続で勝ち点を重ね、2チームとの対戦を残して勝ち点単独トップを決めた
そこまで勝ち点の競っていたチームを3戦目でぶつけてしまったのが運営としては反省点
予告はしなかったが、全チームとの対戦終了後、自分のパートナーとの対戦も実施した
個人の部ではくびながが2位以下に差をつけての優勝
トップランカーとしての実力を示したと言えるだろう
2位のSKBはそのくびながに唯一の黒星をつけて存在感を示した


さてデッキについて
今回デッキ構築に関して2人で同じカード1種をを3枚積まなければならないという制限があった
1枚だけで強烈にコンセプトを決めてしまうカードを入れると、デッキタイプが似通ってしまい、同じタイプのデッキに二人とも太刀打ちできないということが起こりえる
そこである程度汎用性の高いカード、具体的には翼竜や煙などが多くなるであろうと推測された
特に煙は煙煙大型という流れは序盤での対抗手段が少なく、煙L4やワーエレファントを軸にするデッキの勝ち筋の一つとして強力なものである
したがって色の片方は黒が多く、その対抗手段として青の汎用補助が重要になるだろう
という読みだったのだが・・・

実際にはこうでした

c0246180_3551847.jpg


赤い!すっごい赤いよ!
緑も変わらず人気高し
力vs力、と言った展開が中心となった
前回猛威を振るったワーエレファントも今回はやや力不足を感じることも。
内訳としては 赤緑6 赤黒3 赤青1 緑黒1 緑単1
構築の傾向としては「使い慣れたカードやデッキにあわせていくチーム」が多かった模様
1時間目一杯使うチームも少なくなく、緩めの縛りでも十分機能したようだった



くびなが「得意な2色聞いてそのどちらかの色の煙を選択」(赤い煙)
くびなが(10勝1敗)
c0246180_847156.jpg

ミノ翼竜・ケンタで最速でファッティを戦場に出し、相手が除去に手間取っている内に魔力をため、本格派ファッティで決定打という展開が多かったか
先攻人魚メイジがほぼ不在の今回ミノタウロスはとにかく強かった
堕天使との相性は必ずしもよくないと思われるが、イニシアチブが死命を分けたのだろう

ナギ(5勝6敗)
c0246180_8473457.jpg

狂戦士デッキ
ファントム→ニワトリでワーエレファントをケア、狂戦士→ニワトリでガーディアンをケア
狂戦士×夢魔・魔力ロック×夢魔、煙多めの採用→マジシャン2枚となかなか理に適ったつくりだと感じた
死神が2枚あることにより、死神を撃たざるを得ない展開に苦しめられたものと想像される
特にイフリート・世界樹の多かった今回、ワンミス即命取りになったことと思う



SKB「うちは先にデッキ教えてもらってそれに合わせた」(ニワトリ)
SKB(8勝3敗)
c0246180_8542521.jpg

青を意識したつくりだが、高い攻撃力は緑にも強かった!
サソリや赤鬼で火柱をさんざ警戒させてその実1枚しか入っていないというブラフ的構成
破壊力が今回のメタゲームのポイントとなったことを象徴させるデッキの一つ


goukun98(2勝9敗)
c0246180_8545182.jpg

くびながと同じくミノケンタを搭載しているが、魔力を貯めるカードを積んでおらず、マジシャンを生かしにくかったのではと推測される
攻撃力に偏ったカードが多いため、錬金がいるとぐっと使いやすくなり、朱雀等の高コストカードも視野に入れることができるだろう
Lv操作のくくりで行くならミノタウロスよりクマのほうが使いやすく、
ケンタウロスを生かすならば火柱やゴーレムといったところを推奨したい



わくわく「色を決めてもらって(黒)俺がカードを決めた(堕天使)」
わくわく(5勝6敗)
c0246180_857555.jpg

堕天使火の鳥を軸にしたサラマンダーデッキ
ワーエレファントに強く魔力3を残せる点でなかなか評価の高い組み合わせである
このタイプのリセットは後で引いたサラマンダーも生かせるリッチが多いが、朱雀のチョイスはL2*21枚を考慮してのことか
火の鳥やネクロマンサーによる場もちのよさとローコスト高ステータスを生かしたキメラは生半可な後攻では突破できない破壊力を持つ
しかし、メインアタッカーがデメリット持ちということもあり、ネクロマンサーの運用はやや難しいのではないか


腐った死体(4勝7敗)
c0246180_858995.jpg

堕天使錬金して大型、堕天使生贄にして大型、というデッキ
デュラハンは堕天使のライフ-1を考慮してのことだろうか
堕天使を処理できる手段が充実しており、ライフ先制率は低くないはずであるため、やや使いにくいのではという印象を受ける
サモナーで出すアタッカーの傾向が一定でないため、自分で展開を読みにくいところがちょっとリスキー
一方で堕天使サモナーは相手に読まれることがない点や堕天使自体も強い点、錬金もあわせて早い高コストが出せる点が強み



カーマ「僕らは、僕がよく緑黒使うのに対して相方が赤青だったから
     他によく使うデッキで3積みしてるカードを挙げていって被ったやつ使いました」(精霊)

カーマ(6勝5敗)
c0246180_8585322.jpg

魔力を貯めてマジシャンで放てばいい 正統派無効朱雀なデッキ
見習い魔女は1/2アタッカーをイニなしから誤爆なしで勝たせることが出来る
初手に据えても、自ら退去してくれることでL2ではかなり大きい2/5のヌーを出す阻害にならないところが優秀
待機が埋まりやすいことから直接戦場に出せるアタッカーを意識している
マジシャンアーチャーは本体が強くなく魔力を使うため、相手のサメがありえるときの選択肢としては強い
しかし残念ながら今回苦しむサメはほとんどおらず、大型中心でやや不利を受けたと言えるだろう


ふつう(4勝7敗)
c0246180_859528.jpg

デーモンに森神つけて引いたカード順番に使えば勝てる!というデッキ
イニなしではめっぽう強いが、それまでに苦労する展開が多かったのではないだろうか
マジシャンやケンタ・ラッパの採用も多かったため、擬態があまり機能しなかったのかもしれない
構成的には無駄が少なく、手のいれどころがないようにも感じる
デーモン後に引いて使えるカードが10枚あるため、忍者か原住民の一方を外して汎用補助を入れるのも一手かもしれない


イケメン「ギロチンポが翼竜が大好きだと言っていた
      踊り子も大好きだと言っていたが3枚入れたくないから翼竜にした」

イケメン(6勝5敗)
c0246180_8595780.jpg

最近赤緑にご執心のイケメンは今回も赤緑での出場
仙人を意識した赤緑の中ではややトリッキーな構成と言えるだろうか
魔力を貯めてイニありでなんとかしよう、と思っているところに突き刺さる仙人イフリートは強烈
魔力供給や初手が1通りでなく、まさしく研究途中を感じさせるデッキ
研究の成果はレートロビーで聞こう!


girochinpo(5勝6敗)
c0246180_901173.jpg

今回唯一の青使い
しかし踊り子はバーンは多いケンタはいるウィザードはいるでかなりの逆風だったか
初手踊り子は相手に色を見せてない段階でビホルダー・火竜首・サラマンダー・スルー黒ドラ…など考えられる候補が多く、相手としては出す出さないの判断が難しい
そこにしれっとオウムガイを混ぜることで楽に勝利効果を出せることもある組み合わせ
煙が入っていることでL3アタッカーにサメや翼竜の魔力3補助を可能にしたり、1体目カウンターゴーレムや煙スルーシーサーペント、煙踊り子スルークジラのような早めの6補助を視野に入れたりと序盤の魔力が1足りない状況を補っている


ukai「むのうさんが緑単使ってるって言ったから見たら3積みがゴリラだった」
ukai(4勝7敗)
c0246180_903211.jpg

クマやゴリラ→ファッティをコロポで増やして仙人マントやラッパ、ととても判りやすい作り
ニワトリ3は一見クマ専用に見えるが、1T1/2→ニワトリはイニありで相手のL1に補助を受けても負けにくい組み合わせでもある
上のカーマにおける見習い魔女に似た使い方と言える
「緑ゴーレムが完全にお荷物でした・・・」と語るとおり、相手にも緑が多かった今回は仙人のネタにすら使いにくかった
後攻ファッティの世界樹も頼りないとあっては相手のファッティに対する手段が実質朱雀とマジシャンのみという点で苦しめられたか


むのう(7勝4敗)
c0246180_904273.jpg

豊富なライフとHPで押しきるデッキ
途中から本人回線の不調により代走で使わせてもらった
力押しの展開の多かった今回、速度先攻や普通の高攻撃力を抜けずに苦戦することもしばしば
しかし相手より先にファッティを出せるとさすがの強さを見せて見事勝ち越し
弱点が高攻撃力ということは相手は赤や黒ということになるので、緑ゴーレムがいればで対応しやすくなりケンタも生きそうだということ、
HPに偏ったカードが多いためサイクロプスが生きるということ、
序盤に1点とりたそうだったので、長寿王の魔力も残りワーエレファントも続けやすい精霊はどうかということを提案してみたい



あとは同じルールということはないと思うけれど次回を見据えてのメタの予想でも
まだ運営・参加側共々十分に大会に慣れているとは言えず、手になじんだ動きを重視してくるものと思う
そこで思うのが墓荒らし・デッキ破壊は少なそうだ、ということ
したがって、これを意識するためのリッチや白虎・バクテリアなどは必要ないのではないかと読む
とはいってもやはり単純に煙は強いので煙煙に対応するための青はほしい
トラバサミで対策する場合はワーエレファントに対する解答を用意しておく必要がある
緑は相変らず根強い人気であると思われるが、赤の台頭は偶然の一致によるものと見る
したがってある程度の攻撃力かタフネスを持ったアタッカーを中心とする構成で、それを青でバックアップする形
具体的には前回優勝者の青緑をベースに人魚メイジやサメを意識したものあたりが活躍しそうだと思える

(評・バルパライソ)


最後になったけど参加者の皆は1時過ぎまで付き合ってくれて本当にありがとう!!
[PR]

# by ccskype | 2012-05-13 12:18 | 大会
2012年 05月 06日

5/5 第5回非公式CCスレ&CCskype交流大会

ルールについて
 *全体を通して
  ・デッキは1種のみ
 *予選
  ・スイスドロー形式4回戦
   (※スイスドロー:同じくらいの戦績の人がマッチングする形式
    1回戦勝利ならば、2回戦で相手になるのは同じく1回戦勝利者となる)
  ・2ラウンド先取制
  予選結果についてはここも参照のこと
  MP=勝ち点 OMW=対戦相手がどれだけ戦績がよかったかの指標 GW=勝率
  左から順に優先度が高い
 *決勝
  ・トーナメント形式(1位-4位、2位-3位)
  ・3ラウンド先取制
   3 ┏━ わくわく
  ┏━┫
2 │ 1└─ a.w
━┫
3 ┃ 3┏━ 処以認
  ┗━┫
     1└─ 覚えやすいVIP


優勝(予選2位) 処以認
c0246180_202133.png

見事優勝を勝ち取ったデッキはこちら
精霊から動いて出来た魔力でシーサーペントとワーエレファントの2択を仕掛ける
サメやクジラがあるから、と先に強化の補助を打っておくと人魚マダムでその補助を狩られる
対戦相手からすると、どの補助をいつ打つかの判断がとても難しい構成となっていた
煙強化以降超大型カードの傾向が強く、シーサーペント微妙じゃね・・・?の雰囲気のある中、シーサーペント+サイクロプスの組み合わせは決勝でも煙龍+煙を狩る活躍を見せた

準優勝(予選1位) わくわく
c0246180_204040.png

こちらはガーディアン・煙龍・ワーエレファント・白虎と今旬の強カードがズラリ揃ったデッキ
独特なのが植物使いの採用であるが、これは煙龍のドロー効果やサイクロプスの半減と相性がいい組み合わせとなっている
イニありをガーディアンで、イニなしを耐久強化か強力な新規アタッカー補充で展開する
ワーエレファント隆盛の中、アルマジロ+サイクロプスはゾウに勝てるのも一つのポイント
白虎は墓荒らし・デッキ破壊へのメタ要員としての役割の方が強いだろうか

予選3位 覚えやすいVIP
残念ながらデッキ画像なし 青黒であることはわかっている

予選4位 a.w.
c0246180_211858.jpg

アルマジロでライフ先制し、ガーディアン・呪いを交えてシーソーを展開するデッキ
魔剣ならピクシーやイソギンで勝てる・・・と思わせてシャーマンで6/2魔剣や
ガーディアンに魔剣で1/3など、魔剣絡みのギミックが光る
特別魔力を積んでいないが、コストパフォーマンスのいい動きが多くじわり魔力が溜まっていく
ライフ先制しやすいデッキではカオドラも意識 黒版溶岩魔人と言った所

予選5位 バルパライソ
c0246180_2411.jpg

全て1枚ずつのハイランダーデッキ
同じカードこそないものの、L1を出す→魔力を貯める→大物を出す→補助する の流れはほとんど同じであるため、印象よりは使いやすいはず

予選6位 ふにゅた
c0246180_2143761.jpg

予選7位 くびながす
c0246180_2142834.jpg

予選8位 うぐぅ
c0246180_215834.png

予選9位 ukai
c0246180_214522.jpg

予選10位 ルゥイリィ
c0246180_2154938.jpg

予選11位 hunta(途中棄権)
かなり赤単に近い赤緑

予選12位 めるめる
c0246180_2152639.jpg

予選13位 水水水
c0246180_216332.jpg

予選14位 蜘蛛男(不在により不戦敗)


今回の上位を見ると1,2,4,5位のデッキにワーエレファント・サイクロプスの両方が入っている
"本体の強い補助は強い"という結果が出たと言えるのではないだろうか
特に今回1位のデッキはクジラ・シーサーペントも多めの採用で、それを象徴したデッキであったと思う

さらに、そのいずれもがこれらとは別にLv1を採用しており、ワーエレファントには2番手・3番手としての活躍を期待しているのがわかる
初手ワーエレファントもそれなりに強い手ではあるが、煙多めの遅い環境(=相手も2スルーや煙煙などが少なくない)や、ハーピー・撃墜王・巨大アンコウで撃てなくなってしまう・読まれると逆に1点取られてしまうという弱点がある
したがって、Lv1に続けての2番手の採用がベスト位置であるのではないかと思われる
特に、煙のある場合にはLv1をウミガメやゴブパラ等で除去されてもワーエレファントできる・初手ワーエレファントの際にも地獄蝶幽霊1枚落ちに対応できるという器用さもある
それだけのために煙というのは必ずしも推奨できないが、例えば同じく魔力5で運用できるメドゥーサがある場合や、初手をLv4にする可能性を考えている場合など
「Lv1・煙・ワーエレファント」の3点の組み合わせはデッキの柔軟性を高めることを期待できるだろう

(評・バルパライソ)
[PR]

# by ccskype | 2012-05-06 04:13 | 大会