カードコマンダーskype広報

ccskype.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 18日

大会結果の話と招き猫の話

ぱふぼーるさんおめでとう
c0246180_23081555.jpg
勝敗の記録はとってなかったのですけど、どうやら11-5だったようです。
 構築のテーマは2点
 ①思考量を減らすこと
 →白虎と死神とカオドラ 相手も迷わなくて済むようになる
 ②アタッカーはゴリラを利用すること
 →「ウィッチ-スルー-ゴリラ出し白虎」とか、
  「3スルー-ゴリラ出しデュラ」だとアタッカーの無駄がなく効率的
というイメージ自体は前から持っていたんですが、
開始10分前まで黒の書いれようか、サモナー入れようか、などと迷っていて、実際完成したのは3分前でした。
初手がない、レートで使えないデッキが組めたことには満足してます。

2位のmorupomさんのデッキ画像もゲットしたのでこちらも紹介しておきます。
・尖兵を出しておくとゴリラが3/5になって強い
・ゴリラで待機増やして騎兵が強い
といったあたりが勝因になったようです。


うかいさんの時見てる限りではカード案考えるのは結構大変で、
「居残り」「罰ゲーム」とまで言われていたので、困ったらなどBBSで手を借りてもよいかと思います。
ヤタ含め更新カードが意外と新しいデッキ生めてないので、是非環境をぶっ壊して欲しいです。

招き猫研究ノート
・L2以下
パワー的な問題でなしです。
精霊のみ首長竜・青龍と接続が期待できます。
首長竜やシャーマンと接続できそうな女海賊は案外向きません。

・L3
意外と後続事故が起きます。
 L2に50枚・L3に56枚で合わせて106枚のカードがあり、
 ステータス合計値が8以上のカード18枚
 ステータス合計値が7のカード15枚(ほとんど補助)
ゾンビや踊り子など多少使える低ステータスカードもありますが、待機が全空きでも2回に1回は全ハズレ(アタリではないと言う方が正確か)になると考えたほうがよいでしょう。
それでも取り回しやすさの点で主力の一角になります。

・L4
後続はそこそこ安定しますが、煙の1アクション増える分事故も増えます。
緑では馬親分が使えないので、現実的には苔男とオルトロスの2択です。
苔オルト3煙6といった構成にするのでなく、
煙入りのL3を中心にしつつ、これらも少数混ぜるのがよいでしょう。

・L5
招き自体は強いですが、火竜スカドラのどちらもが問題を抱えています。
火竜
 使うためには赤が要りますが、赤単との相性は最悪です。
 コロポ(エメドラ)を使うと待機が埋まるため招き猫の良さを出せず、組み合わせにくいカードです。
スカドラ
 「緑スカドラ」というデッキの序盤構造に難があります。
 招きを打つということはカブトガニを打たないということであり、
 強い動きの代償に強い動きを放棄する必要があります。
 また漁師で待機が埋まっている面でロスも生じています。

・L6
出す速度の問題で世界樹一択です。
世界樹を出すためのアプローチはいくつかあり、
ウィッチ・使い魔・精霊・ゴリラ・水先
が候補にあがりますが、この中で水先のみ必要枚数が1枚である点に優位性があります。
勿論他の初手にもそれぞれの長所がありますが、「世界樹招きを打つ」という一点にかけては水先が一歩上をいくようです。

(バルカモニカ)

[PR]

by ccskype | 2016-01-18 01:12


<< 【外部参加歓迎】四神リーグ~青...      三色の時代は始まったのか? >>